ダイエットでなるべく早く痩せる方法について

ダイエットでなるべく早く痩せる方法について

なるべく早く痩せるというのは女性であればだれでも体験したことのあることだと思います。同窓会が1か月後にあるとか、しばらく会っていない友達から連絡がきて、近々会うことになったなど、緊急で痩せたいというときが人生においては何度かあります。日ごろから節制していればこんな楽な話はありませんが、人間は課題があると初めて行動に移すところがあります。

 

例えば、2週間後にどうしても2キロは落としたいというとき、食事療法と有酸素運動の組み合わせを試すと効果がありました。一日で体重を1キロ落とそうとやけになるのが人間ですが、ダイエットは長期的に長いスパンで考えないと無理なので、そういう時は、一日ではなく、1週間で1キロ落とそうという考えにまずは変えます。

 

焦りそうになるのをちょっと我慢して、じっくり腰を据えて、ダイエットと取り組むという姿勢が最も大事なのだと感じます。

 

ダイエットはじっくり続けることが大事

有酸素運動は筋肉をつけることができるのでとても効果がありました。まずは手短にウォーキングから始めると入りやすいです。目的を何でも持つことが大切かなと思います。近所の公園まで散歩に行くとか、近くの本屋さんまで歩いて本を買いに行くなど、本当に何でもいいのです。

 

目的を達成するために、わざとなんでもない用事を自分で作ることが必要で、それをこなすことが大事です。最初は自分に合う靴を選ぶことから始めて、ウォーキングに慣れてきたら、ちょっとジョギングしたり、小走りをします。
ダイエットでなるべく早く痩せる方法について

 

体を動かすことは筋肉をつけ、脂肪を燃焼させるだけでなく、ポジティブな思考になれるので、ちょっとクヨクヨ悩んでも、汗を流すほど、歩いたり走ったりして体を動かすと、知らない間に悩みが吹っ飛んでいることもあるので本当にお薦めです。

 

食事療法は痩せるという目的があるならば、食べ過ぎないこと、飲みすぎないこと、早食いしないこと、大食いしないことを守ることが大切です。よく噛んで食べることは基本中の基本です。短期間でなるべく早く体重を落としたいときは、炭水化物をなるべく控えるようにしたほうがいいです。

 

食べるときは時間も計算

食べるときは、運動する2時間前など、効果的に食べる時間も計算したほうがベストです。キャベツなどの野菜でお腹を満たすということもポイントです。その時は、カロリーを気にしないといけないので、ドレッシングなどはほとんどかけません。ドレッシングなどは意外にカロリーが高いので、減量しているときは、気を付けないといけません。

 

食事や運動に気を付けて、2週間を過ごすと、2キロは落ちることが可能です。朝起きてまず、体重計に乗る、寝る前にもしっかり計測するということを習慣づけることも大事です。

 

0.1キロ落ちるだけでもモチベーションにつながりますし、やる気が出ます。ただ、ダイエットの途中で増えてもあきらめないことです。水分量の関係で思うように落ちないときもありますので、何事も一喜一憂せず、気長に広い心で構えることが最も大切です。

 

食べながら痩せられる方法があるって知ってましたか?