食事と運動を見直してなるべく早く痩せる方法

食事と運動を見直してなるべく早く痩せる方法

夏にイベントがあり、なるべく早く痩せる必要があったので、決心をして本気でダイエットをしました。ダイエットの基本は運動と食事だと思うので、まず運動から生活の中に取り入れられないか見直しました。

 

まずは体を動かす

通勤は片道30分ほど歩くので、人並みには運動できていると思いましたが、さらに効率よく痩せるために駅ではエレベーターやエスカレーターを使用しないようにしました。また、オフィスは6階にあるので毎回エレベーターを使っていたのですが、これも止めて階段を使うようにしました。

 

最初は身体が慣れていないこともあって、階段で息切れすることがよくありましたが、次第に体力がついてきて楽に上れるようになりました。慣れてきたら階段では1段飛ばして上がるようにしました。その方が体力を使うので早く痩せられると思ったからです。日常の中で運動量を増やすのは、休みの日に何かスポーツするよりも継続しやすいと感じました。

 

休日には地図を持ってひたすらウォーキングをしました。家にいると何か食べたくなってしまいますが、外を歩いていると気分転換になり、あまり空腹感がありませんでした。目的地を決めてそこまで歩いていると達成感もあり、歩くことが段々楽しく感じてきました。

 

食事も見直しました

日々の食事は炭水化物を控え、野菜と低カロリーなものを多くとるようにしました。こんにゃくはカロリーがとても低いので、ラーメンやパスタが食べたいときは、こんにゃく麺を使ってカロリーを押さえました。豆腐やプレーンヨーグルトも小腹が空いたときに食べるようにしていました。
食事と運動を見直してなるべく早く痩せる方法

 

完全に炭水化物を抜くのは良くないので、お茶碗半分は必ず食べるといった量を指定して食べるようにしました。どうしても口が寂しくて食べたくなったときはガムを噛んだり、アーモンドを少しずつ食べるようにしました。ガムは噛んでいるうちに満足感が得られるので移動中や仕事中によく噛んで気を紛らわせていました。

 

アーモンドは休みの日におやつとして食べていました。一気に食べるのではなくて少しずつしっかり噛んで食べると、これも満腹感が得られました。

 

ジュースはなるべく飲まないようにしましたが、どうしても何か甘いものを飲みたいときには、ダイエット用の酵素ドリンクを飲むようにしました。

 

果物の香りがする酵素ドリンクをゆっくり飲むと空腹が収まり、気持ちがほぐれました。早く痩せたい気持ちでイライラすることもあったので、酵素ドリンクで癒されることで、前向きにダイエットに取り組めました。

 

痩せたかどうかチェックするために、毎日体重計には乗るようにしました。日々体重を確認することで、体重が増えたときに何が悪かったのかすぐに生活を見直すことが出来ました。

 

一時期カロリーが低いと思い、みかんをたくさん食べてしまったときがあり、そのときに体重が増えてしまいました。みかんでも多く食べれば太ってしまいます。すぐに気付くことができたので良かったです。

 

このような生活を約1ヶ月続け、3キロの減量に成功しました。

 

 

無理なく楽に痩せたい人はこちら